自分の仕事に対する絶対的スキルを先に決めておくべき話

仕事に対する絶対的スキルをもつ
楽天モバイル

最近ですが、自分の絶対的スキルを最近ですが改めて決めた宏吉です。

絶対的スキルというのは、これだけは誰にも負けない!他人にも教えられる圧倒的な自信がある!というスキルのことを言います。

僕は結構いい歳で、正直これからの人生もやるべきことが限られていると実感しています。

いくつになっても挑戦!とは言いますが、現実的問題があります。

例えば70歳の人が、「これから東大医学部を目指す」と言った場合どうでしょうか?

…あまり現実的ではないですよね。どこら辺が現実的でないのか?

  • 能力の問題
  • 体力の問題
  • 将来性の問題

絶対に不可能とは言いませんが、能力や体力的にも厳しい状況にはあると思います。将来性も仮に医学部に合格できても、医師になるまで卒業から研修医になるまで10年位かかります。70歳から医学部入学して学んで、医師になった時点で80歳になるわけです。

80歳では無理!という訳ではありません。ただ上記に挙げた様々な問題を考えると、若い年齢のほうが良いに越したことはありません。

そのため早い段階で、これから先の仕事はこれでやっていくんだ!という絶対的スキルを先に決めて、身に着けた方がいいと思っています。

スポンサーリンク

何故、先に決めた方がいいのか?

理由は逆算できるから。

逆算とは、普通の順番ではなく、逆の方から計算していくこと。

先に決めておくと、あとは決めたスキルの勉強をする。勉強するために本を購入する。全て逆算してますよね。

要するに目標が明確化しやすいんですよね。

後々、迷わないで先に明確化しておくために先に身に着けたいスキルを決めておくことが大切だと思っています。

僕が人生に費やすと決めたこと

先日、以下のツイートをしました。

  • リハビリ
  • トレーニング
  • デザイン(医療系)

最低でも上記のことを、自分の仕事に必要なスキルと決めました。

DIYとピアノも実践していきたいです。職業がてら関連があるものなので…

全ての項目に対して、もちろん一生の勉強が必要です。ちなみに僕は作業療法士なので上の項目は全て職業に適合しています。

作業療法士は求人は多いですが、国民の平均年収よりも低い方ですし、仕事も楽ではありません。人の身体にアプローチするという責任感もあります。

…はっきり言って、僕も迷いました。このままでいいのか…?

だけど色々考えたときに僕の場合、やっぱり医療職として働きたい!という気持ちが強かったです。だから作業療法士、リハビリ関連のスキルを身に着けようと思いました。

スポンサーリンク

仕事へのスキルの決め方

ビジネススキル

若い人の中には「将来、自分は何をしたらいいのか分からない」って言う人も結構いるみたいです。

また、転職しよう!と決めたときに、「じゃあ、次は何するの?」ってなって「決めていない…」という人もいます。

今の世の中、たくさん職業の数はあるので、たしかに何をするのか迷いますよね。

ある有名な会社の社長で、YouTuberもやっている人は「迷ったら、プログラミングをやれ!」って言っています。僕はあまりプログラミングは詳しくないのですが、どんどんIT社会になるのを考慮して将来を見据えると、それも正しい選択肢の一つなのかもしれません。

…様々あるのですが、スキルを決める上で大切なことは「自分が好きなこと」でいいと思っています。

要は長く続けられるか?永遠に続けられるか?です。

…それを決めたら、あとは徹底して挑戦あるのみ!です。人生は挑戦の連続です。生きている限り、無限に挑戦するべきと思っています。

自分の絶対的スキルを仕事にして圧倒的に稼ぐ!ってカッコいいと思いませんか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です