楽天ペイが使えるコンビニ一覧と支払い方法!ポイント二重取り可能!

出展:楽天ペイ 公式サイト

キャッシュレス決済の1つ“楽天ペイ”を活用している宏吉です。

楽天ペイはコンビニはもちろん、全国490店舗で活用できます。現金を持たずに支払えるので便利です。

貴方は“楽天ペイ”を使ってポイントを賢く貯めていますか? 楽天ペイはスマホ決済です。

はっきり言って支払い方法は簡単だし、ポイントも貯まるしかなり結構お得です。

キャッシュレス&スマホ決済である“楽天ペイ”を上手く活用しない手はありません。

当記事では、楽天ペイが使えるコンビニ一覧と支払い方法、そしてポイントの二重取りまでできる方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

楽天ペイが使えるコンビニ一覧

コンビニで使える店舗は以下の通り。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ポプラ

大手コンビニである、ファミリーマート・ローソンでは「楽天ペイ」で支払いができます。

コンビニ LOWSON ローソン

コンビニの1回あたりの支払い上限額は4,000円となっています。

また1日あたりの上限額も4,000円となっています。両方とも注意しましょう。

利用条件の詳細は各コンビニ店舗にお問い合わせが必要です。

「楽天ペイ」は残念ながら、セブンイレブンでは使えません。個人的に一番使えてほしかった(汗)

「楽天ペイ」と言うと、同じキャッシュレスでは「PayPay/ペイペイ」も有名ですが、同じようにPayPayもセブンイレブンでは使うことができません。

PayPay/ペイペイがコンビニで使える店舗を紹介!

2019.03.21

しかしセブンイレブンでは「楽天Edy」を使うことができます。

「楽天ペイ」は使えないのに、何故「楽天Edy」は使えるのかは謎です(汗)

ちなみに楽天ペイはスマホ表示によるバーコード決済になります。

少しコツがあるので下記事に記載しておきますね。

「楽天ペイ」による支払い方法

スマホ決済による「楽天ペイ」の支払い方法について紹介します。

  1. 予めスマホに、「楽天ペイ」アプリを入れておき起動する
  2. 支払い時に定員に「楽天ペイでお願いします」と伝える
  3. コード・QR払いをタップしてバーコードを表示し定員に提示する
  4. バーコードを読み取ってもらい、数秒すると決済完了となる

…うん、簡単ですね!2~3回使用すると慣れて非常に簡単だなって思います。

会計前にアプリを起動しておくと支払いがスムーズにいくので1つのコツです。

まだキャッシュレス決済に馴染んでいない時代なので、会計時は恥ずかしがらずに声に出して「楽天ペイでお願いします」とハッキリ伝えましょう。

スポンサーリンク

各コンビニのポイント二重取りを狙おう!

楽天ペイで支払う際に、ポイント二重取りも狙えます!

これこそ“チリツモ(塵も積もれや山となる)”ですが、お得なので是非、併用しましょう!

ファミリーマートの場合

ファミリーマートの場合、楽天ペイ&Tポイントカードの併用できます。

会計時にTポイントカードも提示すれば大丈夫です。

楽天ペイによる“楽天スーパーポイント”“Tポイント”の両方が二重取りできます。

僕はファミリーマートで買い物するときは、必ず二重取りを狙っています。

※ファミマTカードとの併用はできません。決済機能のないTポイントカードに限ります。

僕の場合は、Tポイントカード機能もあるYahoo!JAPANカードを提示しています。

ローソンの場合

ローソンではPontaカードと楽天ペイ決済を併用できます。こちらも二重取りが可能。

会計時に同時にPontaカードを提示すれば大丈夫です。

僕はローソンで買い物する場合、“100円コーヒー”“からあげくん”などで活用しています。

Pontaカードはお買い物100円につき1ポイント付きます。コツコツ貯められます。

…以上、楽天ペイが使えるコンビニ、支払い方法、そしてポイント二重取りを狙おうという記事でした。

キャッシュレス時代になるからこそ、楽天ペイなどのスマホ決済を使った支払いは主流になってくると思います。

ポイント二重取りも狙えて上手く活用すると本当にお得です。僕ももっと勉強する必要があります。

楽天ペイなどは随時キャンペーンなども行っているので、是非併用していきましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です