Apple Payの基本的な使い方とクレジットカードの登録

Apple Pay 基本的な使い方 クレジットカード

従来、Androidのスマホでは「おサイフケータイ」が利用できましたが、iPhoneでも同じような決済機能を利用できるようになりました。

それが「ApplePay」というアプリです。

ApplePayに複数のクレジットカードを登録することで、一括して管理できます。なお、デビットカードは登録できません。

登録したクレジットカードにはポストペイ式(後払い式)の電子マネー「iD」か、「QUICPay」のどちらかが設定されます。

そして、店舗の買い物で電子マネーで支払うと、登録したクレジットカードに代金の請求が行きます。

スポンサーリンク

ApplePayの使い方

ApplePayで代金を支払うには、Walletの画面で支払いに使用するクレジットカードを選択します。

初期設定ではメインカードで支払うようになっています。そして、店舗のレジでiDとQUICPayのどちらの電子マネーを使うのかを店員に伝えます。

その後、Touch IDに指を触れた状態でiPhoneをレジのカードリーダーにタッチすると支払いが完了します。なお、電子マネーで決済するため、店員に『Apple Payで支払います』と言っても処理できません。

必ず、電子マネーの種類を伝えます。

ApplePayはネットショッピングでも登録したクレジットカードで決済ができます。

購入画面の支払い方法でApple Payを選択します。Apple Payの決済画面が出たら、Touch IDをタップすると決済が完了します。

Suicaの利用

JR東日本のSuicaを登録すると、ApplePaySuicaの代わりをします。

買い物の支払いではレジのカードリーダーにタッチするだけでSuicaから決済され、電車に乗る時もApplePayをかざすだけで改札機を通れます。

ちなみに、ApplePayにSuicaを登録すると、Suicaカードは使えなくなります。

SuicaはiDや QUICPayと違ってプリペイド式(先払い式)のため、使用するには事前にチャージする必要があります。ApplePayに登録したSuicaへのチャージ方法は色々ありますが、一番簡単なのは登録してあるクレジットカードでチャージすることです。

以下の手順で行います。

チャージ方法
1.Walletアプリを起動します。
2.Suicaを選択し、「i」をタップします。
3.Suicaの画面が表示されたら、「チャージ」をタップします。
4.チャージする金額を入力または選択し、「次へ」をタップします。
5.ホームボタンに触れてTouch IDで認証し、完了をタップするとチャージができます。

なお、ApplePayにSuicaを登録しても、使える機能はAndroidスマホ(おサイフケータイ)より少なくなっています。また、Suica以外のプリペイド式電子マネーは利用できません。

スポンサーリンク

ApplePayの対応クレジットカード

ApplePayには複数のクレジットカードを登録できますが、クレジットカードごとに割当てられるポストペイ式の電子マネーが決められており、自分で選択することはできません。

1.iDの割当てられるクレジットカード

・三井住友カード
・イオンカード
・ソフトバンクカード
・dカード

2.QUICPayの割当てられるクレジットカード

・オリコカード
・セゾンカード(UCカードのAmerican Expressを含む)
・JCBカード
・au WALLETクレジットカード
・ビューカード
・TS CUBIC CARD
・MUFGカード(American Express、JCB、銀聯を除く)
・楽天カード

割当てられる電子マネーはクレジットカードの属性と合致するとは限らず、例えばオリコカード・ザ・ポイントはiDとQUICPayの両方を搭載していますが、ApplePayの割当てはQUICPayだけです。

また、電子マネーの付いていないクレジットカードでも、ApplePayに登録すると電子マネーが使えるようになるものもあります。

クレジットカードの登録方法

1.アプリ一覧の画面から「Wallet」のアプリを開き、「カードを追加」をタップします。

2.「カードの種類」の画面が表示されるので、「クレジット/プリペイドカード」か「Suica」を選択します。

3.クレジットカードを選択すると、「カードを追加」の画面になります。過去にiTunesやAppStoreの使用で登録してある場合はセキュリティコードを入力するように求められます。新しいカードを登録する場合は、「ほかのカードを追加」をタップします。

4.カメラ画面が起動するので、カメラの枠内に登録したいクレジットカードをセットします。すぐに、カード名義とカード番号が読み取られます。

5.次に、「カード情報」で有効期限とカード裏面にある3桁のセキュリティコードを入力します。

6.利用条件が表示されるので確認後、「同意する」をタップします。

7.画面に割り当てられた電子マネーが表示されるので、確認後「次へ」をタップします。

8.「カード認証」の画面に移るので、メールアドレスが間違っていないか確認し、「次へ」をタップします。

9.認証コードの記載されたメールが送られてくるので、そのコード(6桁)を認証画面に入力します。

10.認証が終わり、アクティベート完了の画面が出れば、Apple Payへの登録は完了です。
登録作業自体は数分で終わります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です