【考察】ワンパンマン 165話 S級ヒーロー達苦戦でピンチに!?

ワンパンマン 165話 S級ピンチ

子供の頃から、最強という称号に憧れたロッキーです!

ワンパンマン 164話が2019年11月29日に更新!先月の更新日から13日が経過して配信されました。

前回記事での考察内容でも述べましたが、やはり「エビル天然水」が強かったですね。水なのに実は最適化した行動がとれて、攻撃ができる“未知の強さ”を持っています。さすが幹部クラスであり災害レベル“竜”です。

実際に164話でも、エビル天然水はヘドロクラゲ(災害レベル”虎”)から油分を吸収して、童帝の攻撃から氷塊を防ぎました。そのあと童帝も足に攻撃を喰らい、ピンチに陥っています。

ワンパンマン 164話 童帝

出典:ワンパンマン 164話 リメイク版

童帝も驚いた様子です。これが災害レベル竜であり、未知の強さを誇る。

そしてジェノスも怪人協会アジトに向かっています。駆動騎士から幹部の情報データを分析して、災害クラス”竜”の強さを厄介だと認めています。サイタマが全てバトルに加入すれば、簡単に終わると思うのですが、そうはいかないところが正直なところ…

現在の、サイタマ&閃光のフラッシュはまだ迷っているようです。いつまでこの茶番劇が続くのか…早くサイタマのバトルが観たいものです。できればガロウと闘ってほしいです。ちなみに過去のサイタマとガロウのバトル?を調べてみるとサイタマが3戦3勝でした(汗)…まぁ、当然でしょう。

ワンパンマン 164話の最後に「S級は壊れている」と解説がありますが、その日のS級と幹部の闘いは、幹部が上回っているようです。やはりレベル竜には敵わない存在もいるということでしょう。

ワンパンマン 164話

出典:ワンパンマン 164話 リメイク版

S級ヒーローや怪人幹部たちは、ある一定の強さを誇っており、かなり強いクラスにいるのでしょうが、サイタマが最強であるという絶対ルールは変わらないのでしょう。

現代はキャッシュレスなどスマホ決済が当たり前になってきて時代は目まぐるしく変わってきていますが、サイタマ最強という事実は、ずっとワンパンマン世界の中では変わらないと思います。

今回は、ワンパンマン 165話の考察内容、S級ヒーローの現状や怪人幹部達との闘いを中心に綴っていきます。

【考察①】S級ヒーロー「童帝」と「豚神」がピンチ

現在、「童帝」「豚神」がピンチなのは決定しています。

その他、ゾンビマンやアトミック侍などS級ヒーローも立場的にピンチに陥っているようです。アマイマスクはA級ですが、S級並みの実力を持っています。

童帝の立場

童帝がエビル天然水の攻撃を足に喰らいピンチに陥ります。これは身動きがとれなくなった状態です。ここからどう反撃するのか…?

ワンパンマン 164話 童帝

出典:ワンパンマン 164話 リメイク版

ワンパンマンはどちらかと言うと少年向けの漫画なので、童帝は子供なので、攻撃を喰らいすぎてボロボロ…みたいな描写はないと思いますが、反撃には難しい状況になっています。

これからどうなるのか?童帝が最終兵器を使い果たしているので、僕は“一旦引く”のではないかと思っています。

豚神の立場

そして豚神ですが、幹部「ハグキ」との闘いで傷を負っているようです。豚神って相手を食べてやっつける、みたいな戦法ですが、どうやら似た者同士である“ハグキ”の方が強い立場にあったのでしょう。あんなガチガチの歯で噛まれたら凄く痛そうです(汗)

ワンパンマン 164話 豚神

出典:ワンパンマン 164話 リメイク版

豚神…これからどうなるのか?

もしかしたら、何らかのカタチで反撃に移り「ハグキ」を倒すかもしれません。この2人の闘いは早く終わってほしいと個人的に思っています(汗)

豚神の戦闘描写って今までハッキリとはなかったですが、ワンパンマン 165話以降で描かれるのか?見たいかと言われれば…微妙です(汗)

アトミック侍、ゾンビマンの立場

他のS級ヒーロー、アトミック侍やゾンビマンも危機的状況にあるのは、分かっています。

アトミック侍は黒い精子とのバトルで疲弊しています。黒い精子はガレキに埋もれたように見えましたが、まだバトルの続きがありそうです。

ゾンビマンはかなりピンチな状況。ホームレス帝の攻撃はかなり破壊力があり、ゾンビマンも身体の修復が追い付いていないようです。

立場的にS級ヒーロー全体で言えば、ピンチな状態が続ているということになります。

そういえばキングの現状って、今どうなっているのでしょうか?

【考察②】超合金クロビカリ VS 暴走ガロウの超絶バトル展開!?

超合金クロビカリは今から暴走ガロウと闘うのでしょうが、ハッキリって暴走ガロウはかなり強くなっていそうです。既に怪人化したのでしょうか?

こちらはワンパンマン 164話の考察記事でも綴りましたが、暴走ガロウは“ぷりぷりプリズナー”を一瞬で倒しています。油断していたぷりぷりプリズナーでしたが、ヤツはS級ヒーローでもあり結構打たれ強い方です。

超合金クロビカリ VS 暴走化ガロウ

出典:ワンパンマン 163話 リメイク版

そのため、超合金クロビカリも相当強いと思われますが、闘ってみると暴走ガロウには苦戦…もしくは負けてしまうかもしれません。暴走ガロウは裏ボスみたいな感じになっているので、超合金クロビカリが倒して「ハイ、終わり!」みたいな感じにはならないと思われます。

ガロウは避けるのが上手いので、クロビカリの攻撃を避けて反撃に移る、もしくは攻撃を受け流す流水岩砕拳を活用し、反撃するのかもしれません。

ワンパンマン 165話で超合金クロビカリ VS ガロウのバトルが展開するかは分かりませんが、そろそろ続きが始まりそうですね!

【考察③】ジェノス参戦でヒーロー側が有利に!?

現在、ジェノスが怪人協会アジト内に向かっており潜入しそうです。

参戦するのはもちろんですが、単独で動くのか、他のヒーロー達と組むのかは分かりません。もしかしたら、仲間と合流し闘うかもしれません。完全に推測ですが、サイタマとは合流しないと思います。

ジェノス

出典:ワンパンマン 164話 リメイク版

そしてこれも考察で可能性は低いと思いますが、ガロウとジェノスが闘うかもしれません。超合金クロビカリが負けたあとに、ジェノスが登場し闘い、また負ける?…そしてサイタマが暴走ガロウと闘う!…こんな展開になるのかもしれませんが、あくまでも完全な個人的考察です。

ワンパンマン 165話 考察まとめ

最後に、ワンパンマン 165話の考察をまとめます。

  1. 「童帝」と「豚神」はピンチ的危機だが、「童帝」は作戦を立てて一旦引き、「豚神」は反撃に移りハグキを倒すと考察。
  2. 超合金クロビカリ VS 暴走ガロウはクロビカリの攻撃が当たらず、ガロウの反撃により、クロビカリ苦戦…もしくは負けてしまうと考察
  3. ジェノスが他のS級ヒーロー達と合流。もしくはクロビカリが負けたあとに、ジェノスがガロウと闘い、また負ける(汗)

…全く当たらなそうな考察内容ですが、まぁこれも楽しみましょう。

まだまだ、S級ヒーロー VS 怪人幹部クラスの闘いは続きそうですね。サイタマの活躍はまだまだ、後になりそうです(汗)

ワンパンマン 165話の更新も楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です