メルカリで出品商品を早く売る方法!

メルカリ商品早く売る方法
出展:https://www.mercari.com/jp/

フリマアプリ『メルカリ』を活用している宏吉です。

断捨離とかにも不要な物を売ったりしてスッキリできるので便利ですよね!

僕は定期的にメルカリで本を出品しています。売れるときは直ぐに売れるし、全然売れないこともあります。売れるものはなるべく早く売りたいものですよね!

メルカリに出品した商品を早く売る方法もあります。その方法は様々ですね。商品の写真、商品の状態、価格設定…条件が良くなるほど早く売れやすいのが事実です。

当記事ではメルカリの公式からも発表された、なるべく早く売れる方法を紹介していきます!

スポンサーリンク

発送までの日数を『1~2日』に設定すると早く売れやすい

メルカリの公式からも紹介された早く売れやすいオススメの方法です。

メルカリでは商品が売れてから発送するまでの大体の日数を設定することができます。

選択できる日数は『1~2日』、『2~3日』、『4~7日』の3種類から選択可能ですが、その中でも『1~2日』を設定して出品した商品の方が、早く売れやすい傾向にあるそうです。

メルカリの公式で出した統計では、他の設定日数よりも約40時間ほど早く売れたみたいです。

メルカリ

出展:メルカリ公式サイト

出品画面の設定で『1~2日』に設定するだけなので非常に簡単ですよね!それだけで早く売れやすいなんて、僕はもっと早く知っておけば良かったと思います。ちなみにそれまで僕は『2~3日』に設定してました。

しかし『1~2日』に設定すると、発送も早く済まさなければなりません。僕は“本”を多く出品していますが、本などは梱包が早く済むので発送までも早いです。発送方法もメルカリ便を活用しています。

梱包しやすい商品は良いですが、大型の商品などは梱包も時間がかかると思います。そういうときは『1~2日』に拘らず、少し設定日数を遅らせてもいいと思います。

1番は自分の生活に支障がでない、無理のない日数を設定することが大事です。

『1~2日』設定で、さらに早く売れやすいカテゴリーがあった!

発送までの日数を『1~2日』発送設定で、商品が早く売れやすいということはお伝えしました。

通常でも早く売れやすい統計がメルカリ公式でも出ているのですが、さらに早く売れやすいカテゴリーがあるみたいです。

メルカリカテゴリー

出展:メルカリ公式サイト

特に早く売れやすいカテゴリーとは『レディース』『コスメ・香水・美容』『おもちゃ・ホビー・グッズ』『本・音楽・ゲーム』『メンズ』『家電・スマホ・カメラ』の6つのカテゴリー。

公式からの発表なので何故このカテゴリーなのかはっきりとは分かりませんが、商品カテゴリーを見ると、若者向けで早く入手したい・早く使いたいというような感じが見受けられます。

ざっと見ると、早く入手しないと生活に支障がでる、又は欲が勝るような商品が多いような気がします。

上記のカテゴリーで特に多く出品している方は、商品発送の設定を『1~2日』に見直すのも良いと思います。でも自分の都合と相談して無理しない程度にですね(汗)

スポンサーリンク

迅速な発送方法はメルカリ便がオススメ!

僕もよく使っている配送方法の1つ『メルカリ便』

メルカリ便は“らくらくメルカリ便”、”ゆうゆうメルカリ便“の2種類あります。

どちらでも良いのですが、僕の場合は本をよく発送することが多いので、配送料金が少しだけ安い”ゆうゆうメルカリ便”を活用しています。

【メルカリ便のメリット】

  • 土日問わず24時間いつでもコンビニから配送可能
  • 宛名書き不要

この2点が大きいと思います。深夜帯の時間でも配送が可能だからいつでも発送できます。また宛名書きが不要というのも大きいです。いちいち住所を確認して書く手間が省けます。住所を間違えて記入する心配もありません。

コンビニが近くにある人はメルカリ便で発送できます。らくらくメルカリ便はセブンイレブン・ファミリーマート、ゆうゆうメルカリ便はローソンで発送可能です。

メルカリ便は匿名配送も可能です。また取引画面で配送状況も確認できます。

今回は発送までの日数を『1~2日』に設定すると早く売れやすいということをお伝えしました。それ以外にも早く売れる方法はたくさんあります。やはり需要がある商品を出品することが一番ですかね。

需要があるもの…今話題になっている商品、iPhoneなどのスマホ、ブランド、カメラなどですかね。

僕もまだまだフリマアプリ『メルカリ』にはお世話になるつもりです(*’ω’*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です