デジタルデトックスはメリットだらけだった【脳過労を防ぐ】

ぼんやりする時間

デジタルデトックスという言葉を知っていますか?

2019年6月9日に「健康カプセル!ゲンキの時間」でも放送されて「脳過労」という題材で放送されました。そのときに出てきたキーワードが「デジタルデトックス」でした。

デジタルデトックスとは、スマホ・パソコンなどのデジタル機器から離れて、自然な環境に触れ、精神的にもリラックスして、自分が抱えている心の負債を軽減することを言います。

脳過労を防ぐ

デジタル機器であるスマホ・PCの使いすぎは脳疲労を蓄積させます。

脳疲労に陥ると、目まい・肩こり・睡眠不足・記憶力低下・意欲低下…などの症状がでてきます。もっと酷くなると外出したくなくなります。

現代はスマホやパソコンなどデジタル機器に溢れています。1日の大半をデジタル機器に費やしているのは事実です。

僕も「デジタルデトックス」という言葉を知ってから、脳疲労を起こしているな…と感じました。そのため、デジタルデトックスを出来るところから実践中です。

スポンサーリンク

デジタルデトックスのメリット

メリットは様々あるのですが、僕が一番感じたメリットは「心の邪気が取れる」ことでした。

もうね…なんか、「あぁ、解放された!」って感じです。今までデジタル機器に依存していたことがよく分かります。

本当に心のモヤモヤがとれた感じになります。

他にも様々なメリットがあります。

  1. 睡眠の質の向上
  2. 心身機能の向上
  3. 脳の働きが活性化する

僕が特に感じたのは、睡眠の質が向上したことです。朝起きたときのスッキリ感を特に感じました。「あぁ~よく寝た!」って感じです。よく眠れた日の1日は全ての行動が上手くいきやすいですよね。

そのため、2.心身機能の向上(疲れにくくなる)、3.脳の働きが活性化する(集中して仕事ができる)も相乗効果として感じることができました。

デジタルデトックスの例

以前、当記事でも書きましたが、僕は仮想通貨投資をしていました。

仮想通貨投資も便利でスマホで現時点でのチャートを常に確認できるんですよね。つまり、いつでもどこでも投資の状況をチェックできる訳です。

常にチャートが気になる状態で、価格が上がったり下がったりしては、一喜一憂の状態でした(汗)

僕はスマホを定期的に確認して喜んだり落ち込んだりするような状態に疲れてしまったんですよね…そして仮想通貨投資自体をやめようと決心しました。

仮想通貨投資はやめたほうがいい理由

2019.08.04

仮想通貨投資をやめるとスマホからも大分離れる時間も増えました。上記にも書いたのですが、そうしたら何だか頭もスッキリ!精神的にもかなり楽になったんですよね。

SNSとかもスマホ依存の例に挙げられます。

LINEの通知がなると、気になって内容を確認したりしますよね。あれもデジタル依存の一種です。通知がなると神経伝達物質であるドーパミンが溢れ出て、一時的に興奮するような状態になるんですよね。

そんな状態が続くと脳は疲労しています。

スポンサーリンク

デジタルデトックスの方法

現代はあらゆる情報が満載の時代で、特に脳は疲れやすいようです。

時には脳には「ぼーっとする時間」が必要だそうです。空を見上げて、何も考えない時間…瞑想でもいいです。とにかく「脳を休ませる時間」が必要とのこと。

 ぼんやりする時間

「ぼんやりする」ことって、なかなかなかったのではないでしょうか?

「ぼんやりすること」デフォルトモードネットワークと言って、脳の記憶を定着させる場所(海馬)が活性化するらしいです。実は頭を酷使するよりも、ぼんやりしているときが、記憶力の強化やアイデア・ひらめきなどが思いつきやすいそうなんですね。

僕は昼寝もいいかな…なんて思っています。仕事の合間に15分程度、仮眠をとるようにしています。昼寝の効果って実感したことありませんか?仮眠をとることで、午後からの仕事が凄く捗るなんて実感した人もいるはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です