幸せに働ける条件

「幸せに働ける条件」について解説します。

幸せに働ける条件というのは存在します。

  • 自分が好きな仕事である

これは自分が好きなことほど、幸せに働けていると言えます。

  • 人に貢献できる

他者に貢献できることは、結果自分を幸せにしているということです。

自分の幸福度が上がるとも言えます。

  • 自分なりに創意工夫ができる

同じ単純作業をする仕事もあります。

しかしそんな仕事はつまらないです。

自分なりにいろいろ考えて、いろいろ試せる・工夫できる仕事こそが、楽しく働ける、仕事ができるということです。

結果、自分の幸福度が上昇します。

  • 新しい結果(成果)がだせる

これは成功 or 失敗どちらでもかまいません。

成功したならば、自信が高まり肯定感も増し、あらたな挑戦もできるでしょう。

失敗しても反省して次の挑戦への糧となるでしょう。

とにかく「新しい結果(成果)がだせる」ということは大切です。

同じ結果の繰り返しより、新たな結果を常に求めていきましょう!

記事のまとめ

仕事は人生の3分の1の時間を費やします。

その3分の1を楽しく幸せに働くべきだと思いませんか?

本来、仕事こそ最高の楽しみにするべきなのです。

日本人は真面目な人が多いためか、そういった考えを持っていない人が多すぎます。

幸せに働くことを日々、追求していきましょう!

ありがとうございました。